【縁起担ぎ】三峯神社にいってみた その4

トンネルを抜けると、そこは雪国だった。 by 川端康成 

 

 

ではありませんが。

 

 

 

山道を抜けると・・・

 

そこには広大な駐車場がありました。

(これまた驚き過ぎて写真撮ってない)

 

こんな山奥にこんなにデッカイ駐車場が!?

 

しかも、すでに満車になりそうな勢いです!

 

すごいぞ、三峯神社!(その1)

 

 

 

 

お陰で『山奥にある神社はひっそりと佇んでいるものだ』

という、自分の思い込みに気付くことが出来ました。

 

 

そうやって驚いているうちに、首肩の痛みも忘れ、いそいそと山門に向かいました。

 

その山門がこれ↓

 

 

 

これまたデカっ!!しかも金ピカです!!

 

さて、驚きながらも撮影を忘れず、写真を何枚か撮りましたが、

大きな山門のため、なかなか全体像を撮ることが出来ません。

 

しかも次から次へと参拝者が来られるので、山門だけの写真は諦め、

次に進むことにしました。

 

すごいぞ、三峯神社!(その2)

 

 

 

 

山門をくぐり抜け、静かな森の中をあるくと、この広さにしては細い石造りの階段が。

 

その階段を見上げてみると・・・

 

 


立派なご神木が何本も!! そして、階段を埋め尽くす人・ひと・ヒト!!!

 

さすが、あれだけの駐車場を用意するだけのことはあります!

 

すごいぞ、三峯神社!(その3)

 

 

 

 

加えて、戌年のせいか?ワンちゃんを連れた方も結構いらっしゃいます。

 

 

*この神社は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が

国生みの神(いざなぎのみこと、いざなみのみこと)を祀ったのが始まりで、

お使いはオオカミなのだそう。

それもあって、ワンちゃんが沢山連れてこられていたのかも・・・

 

 

 

さて、少しずつ、少しずつ歩みを進め、やっと拝殿が見えてきました。

 

 

 

これまたスゴくないですか!?

 

塗りたて!さわるな!くらいの美しさでしょ。

 

この迫力!!!

 

写真が下手過ぎてまったく伝わってる気がしません!!

 

すごいぞ、三峯神社!(その4)

 

 

 

 

すごいなぁ、すごいなぁ、こんな神社が秩父の山奥にあったなんて〜

 

そうしきりに思いながら、社務所に向かいました。

 

折角なんで、家族みんなでお揃いのお守りを・・・

 

すぐさま目に付いたのは「気」と一文字だけ書いてある強烈なインパクトのお守りでした。

 

もうこれしかないっ!と、直感に従い即購入。

 

 

 

 

色違いの3つの「気」守りを手に「これください!」と手渡すと、

 

「3千円です」

 

「あ、はい。  え?・・・は・・・い???」

 

 

や、だいたいお守りというのは1つ千円くらいが相場です。

全然問題ありません、フツーは。

ホント、フツーはね。

 

でも・・・、全然フツーじゃなかったんです、私の財布の中身・・・

 

な、なんと!あろうことか!!

現金3千円しか持ってなかったんです!!

うそでしょ?

 

電車のチケットはPASMOですし、お賽銭も基本300円と決めているので、

お札に意識を向けるチャンスがここに至るまでになかったのです・・・

 

あ〜れまぁ〜どうしましょうかねぇ〜

 

とはいえ、ここまで来て「気」守りを手にせず帰路につくことは出来ませぬ!!

 

きっとなんとかなる!

もうここでは何も買えないけれど・・・

 

 

 

そう、その時はもう何もここで欲しいものなんかないし、

買いたいものなんて「気」守り以外になにがあるってゆーのさ!

 

と強気だったのですが、そうならないのが三峯神社さまなのですねぇ。

 

 

 

まだまだ続く・・・

 

 

*******************

 

☆子育て真っ最中のお母さんに特別企画をプレゼント!

詳しくはコチラ

 


☆出社前の30分コーチングで、心を整えスッキリ1日をスタート!

詳しくはコチラ

 

☆通常のコーチングメニューについてはコチラ

 

パーソナルコーチ・いけださよこのHP